君島十和子のスペシャル美白ケアで白肌ゲット

夏だけではなく今や美白ケアはオールシーズン必須になりました。紫外線だけではなく空気中の有害なものから肌をカバーする事は大切なお手入れと予防です。

私は10~20代迄肌トラブルやシミ、くすみとは無縁でした。だから日焼け対策や美白のお手入れなんてした事がなかったのですが30代半ばを過ぎた時初めてシミができてものすごくショックをうけました。

このままではいけない!と思い早速美白ケアを毎日のルーティンに組み込む事に。大きくわけて3つのアプローチをしてみるようにしました。君島十和子さんの美白ケアやこだわりを雑誌や著書、フェリーチェトワコにも実際に行ってみました。

sos

君島十和子のスペシャル美白ケア

mdkpjdp

数ある美白ケアや美容ライターの方の記事などを読みましたが実際にしてみたい!(これが大切だと思う)と思ったのは十和子さんの美白ケアの内容でした。

まず美容雑誌で紹介されていた十和子さんの名を美容界に知らしめたトワコパーフェクトクリームSPF50++++です。

このグレープフルーツの香りの日焼けどめは画期的で私はそれ迄クリニークの日焼けどめクリームを使っていました。SPF50というのはクリニークでもなくて日焼けどめとリキッドファンデーションに混ぜて使うようにしました。

このように使うと色むらがなくしっかりフィットする感触とカバー力が高まる感じが心強いです。フェイスパウダーも紫外線カバー力のあるものを使用しているので紫外線、空気中の有害物からのシャットアウトは大丈夫かと思います。(もちろん通年通してリキッドファンデーションも紫外線カットのものを使用)外的にはこのような対策をおこなっています。

そして食生活においても顔色や肌の色にダイレクトに影響がある食べ物の存在があるのを知りました。ひじきやカボチャなどすごく体には良いのですが食物の色素が肌にでるらしくそれ迄気にしなかったけど食べる量を加減するようにしました。

肌というのはこれほど影響を受けるものだという事を知りました。食べ物の色素を意識する事でもケアに繋がるのです。そしてスペシャル美白ケアですがペーパーのパックに美白美容液を染み込ませパックします。これはとても効果ありますので習慣にすると肌透明感が違います。

美白とは大変奥の深いケアだと思います。これからも攻めの美白ケアを強化していきたいと思います。

You may also like